ママ友からハンドメイド品お取り扱いの依頼。上手な断り方は??

【イベント出店のお知らせ】
7・7(土)、8(日)ハンドメイドインジャパンフェス2018
at 東京ビッグサイト 東7.8  /11:00−19:00
pettica ブースはE39です
*8(日)pettica 〜15時ごろまでの出店です (帰りの便の関係です><)
どうぞみなさま逢いに来てくださいね♡


___________________________

先日、自宅ショップ準備のサポートをしている方からご相談を受けたんです。

「ママ友から自身のハンドメイド品を置いて欲しいと言われたが、コンセプト
と合わないので断りたい。どのようにお断りすれば作品を否定せずお断りで
きるか?」

ということで「私ならどうするかな?」
という視点でお答えしました。

答え:「お店のコンセプト、私の想いを熱く語る」

例えば、、「私は”アートとモードの融合”というコンセプトでお店を計画して
いて、この世界観を表現できる商品を選んでいる。ここから外れる商品はお取り
扱いできないので、今回はごめんなさい」みたいな感じでしょうか。

 

大事なのは断り方よりも、コンセプトなどお店をどうしたいか、すなわち「私は
どうしたいか?」を一度しっかり確認して、I(私)を主語にして伝えること。
伝える時は相手を想いやり丁寧に言葉を紡ぐこと。それだけです。

 

もし、ここで関係にヒビが入ってしまったら「それまでの関係だった」ということ。
自分の決断を覚悟を持って伝え、相手の反応はコントロール出来ないので手放し
ます。厳しいようですが心血注いでお店、世界観を作り、それを運営、維持して
いくためには「強さ」がとっても大事。これが出来ないと軸があっという間に
ぶれて迷子になってしまいます。

それに忖度してお取り扱いしたとしても、気に入らない商品を大事なお客様に
おすすめしにくいですし、それをお店にいる間中ずっと目に入るもの地味に辛い。
売れなくて返却することになったり、トラブルになったりしたらそれこそ最初に
お断りする時の何十倍もしんどいです。

私もたまに「お取り扱いさせて欲しい」とメッセージいただくのですが、明らかに
イメージと合わないお店は最初からお断りしています。うっかり引き受けて「やっぱり
嫌かも、、」と後からお断りした苦い経験もあります><。

後から言うのは本当に辛くって、何度もパソコンの文字を打っては消して、を
繰り返してました、、。

なので、いまお取り引きさせていただいているショップさんは全て自信を持って
ご紹介できるお店だけなんです!!

 

これは相談所さんにとって最初の「試練」になるのではないかな?でもこの試練を乗り越えたら「経営者」の仲間入りですね!!きっと自分らしいお店になるのではないでしょうか。楽しみですね〜♡

______

【メールマガジン再登録のお願い】

不定期で配信しているメルマガですが、一部の方に届いていないことが判明しました。
大変お手数ですが、一度ご登録している方も再度登録していただけると確実にお届け
出来ます。どうぞよろしくお願いします!!

 

メルマガに登録しませんか?


petticaではメールマガジンを発行しています。

新作情報やお知らせ、ここでしか話さないpetticaのマインド、日々感じること。
petticaのあれこれをお届けしています。

あなたに直接お届けする、ささやきをどうそお楽しみくださいね。
ご登録、お待ちしています♪

pettica メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

気になりますか?バッグの中身

misin up

【ハンドメイド作家として成功する為に必要なたった2つの事。そ...

ご使用中のpettica アイテム、見せてください!

セミオーダー会のレポート。そして今後の課題は何だろう?

過去、情報は「財産」でした。ヨーロッパ買付同行から見えたもの

径の外に出てみよう。勇気を出してチャレンジするためのコツは?