過去、情報は「財産」でした。ヨーロッパ買付同行から見えたもの

インターネット以前の世界では「情報」は「財産」でした。

ヨーロッパへの買い付け旅に同行する

大学を卒業して1年ほど経ったころ、雑貨やさんを営んでいたYさんの買い付けに友人と二人、同行させてもらえる機会に恵まれました。その方はフランスを起点にして毎回行ってみたい国をチョイスして買い付けに行っており、その時はパリとアムステルダムに行くことになりました。

ガイドブックが大事な情報源

当時は「地球の歩き方」というガイド本を買い、行くべきエリアに目星をつけ、手頃なホテルに直接拙い英語でFAXをして予約。飛行機はHISにて格安航空券を購入し、後は【行ってみてのお楽しみ】です。

電車に乗るのも一苦労

陽気な付き添い旅の私たちは気楽なものですが、Yさんは仕事なので当然本気です。パリは何度も行っていたのでYさんはお手製の買い付けノート片手に「必ず商品になるものが買えるお店」を確実に回り、最低限の品数を確保。そして初めて行くオランダは「行き当たりばったり」を満喫していたのです。アムステルダムではまずトラムという路面電車に乗るのですが、このチケットをキヨスク(コンビニ)で買います。なぜか縦に繋がっており、使うたびに折ってがしゃんと印字機にかけるというシステムでした。これは「地球の歩き方」で予習していたのでなんとなくわかっていたものの、もし知らなかったら使い方に苦戦していたことでしょう。そんな時、今ならスマホでGoogleさんに聞けばすぐ教えてくれますよね。

秘技「芋づる大作戦」

Yさんは「手芸屋さん」や「アンティークやさん」「レコード屋さん」「文房具屋さん」な「スーパー」などを周って商品となるものを見つけて買い付けして回っていたのですがスーパーは目立つので見つけやすいものの他はほとんど個人商店で見つけにくい。
そこでなんとか一件見つけてお買い物し、お会計したついでに「他に同じようなお店はありませんか?」と聞いてお店を教えてもらうのです。題して「芋づる大作戦」。お買い物をしたお店だとこちらはおきゃくなので聞きやすいし、同業者の情報は同業者はよく知っています。
こうして文字どうり「足」で稼いだ情報は次回の買い付けの「情報」となりそれは「お金」に直結するのです。なので、この情報は他の人には基本教えません。

現在はスマホで全て解決

ところがインターネット以降の世界では道に迷えばGoogleマップ、電車の乗り方もホテルの予約もレコード屋さんも全てその場でインターネットで調べることが可能です。もはや「情報」は即「お金」ではなく「タダで誰でも手に入れることが出来るもの」と変わってしまった、と言わざるを得ません。

そうなると情報の出し惜しみをする意味は無くなり、より「利用価値のある」情報を掲載しなければ読んですらもらえないということです。

これからの「価値主義」

では「利用価値のある情報をタダで掲載する意味」はどこにあるのでしょうか?タダで価値のある情報には「信頼」と「ファン」がつきます。その二つは直ぐにお金になるわけではありません。

しかし、いざ何かやろう!と思った時に【私はこういう事がやりたいんです!】と声を上げるとそれまでに積み上げた信頼を「この人が言うなら乗ってみよう!」と言ってくれる人が現れるはずです。こうする事で換金しようと思った時に換金できる信頼を積み上げておくことが出来るということなのです。

という事で情報発信は「信頼の貯金」という目線でコツコツ積み上げて行くことをオススメします!私も目指します!

でもね、情報は所詮「情報」。リアルに勝るもの無い!

ただ、インターネット以前の「行き当たりばったり」の旅はとてもスリリングで刺激的でした。本当に本当に楽しかったのです。
もうあんなに楽しい思いをする旅は無いのかもしれないと思うとちょっぴり寂しいなぁ。

メルマガに登録しませんか?


petticaではメールマガジンを発行しています。

新作情報やお知らせ、ここでしか話さないpetticaのマインド、日々感じること。
petticaのあれこれをお届けしています。

あなたに直接お届けする、ささやきをどうそお楽しみくださいね。
ご登録、お待ちしています♪

pettica メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

苦手な写真撮影が楽しみに/オンラインレッスンの破壊力

移動距離は成長に比例する!バッグ教室の最終課題が完成しました

セミオーダー会のレポート。そして今後の課題は何だろう?

重大発表。私、◯◯作家になります!

ご使用中のpettica アイテム、見せてください!

税務署の登録ミスで青色申告、あわやまさかの追徴課税!